top of page

【2023年10月】第36回東京国際映画祭コンペ部門公式出品 映画『わたくしどもは。』

ベネチア国際映画祭が新鋭監督を支援するプロジェクト、Biennale College Cinema 2018-2019 において、インターナショナル部門 9 作品のうち 日本から唯一選ばれた企画であり、香港国際映画祭、昨年の東京国際映画祭 など多くの国際映画祭でも映画化の期待と注目を浴びていた、映画『わたくしどもは。』。企画から 5 年の月日を経て、10 月 23 日に開幕を迎える東京国際映画祭のコンペテ ィション部門公式出品作品として念願のワールドプレミアを迎えます。


第 36 回東京国際映画祭 コンペティション部門公式出品

映画『わたくしどもは。』

出演:小松菜奈 松田龍平

大竹しのぶ 片岡千之助 石橋静河 田中泯 内田也哉子 森山開次 辰巳満次郎

田中椿 三島天瑠


監督・脚本・編集:富名哲也


音楽:野田洋次郎


企画・プロデュース:畠中美奈


製作・配給:テツヤトミナフィルム


配給協力:ハピネットファントム・スタジオ


©️TETSUYA to MINA film


公式サイト:https://watakushidomowa.com 2024 年ロードショー


<第 36 回東京国際映画祭>

■開催期間:2023 年 10 月 23 日(月)~11 月 1 日(水) ■公式サイト:www.tiff-jp.net



プレスリリースより: 本作は、ベネチア国際映画祭が新鋭監督を支援するプロジェクト、Biennale College Cinema 2018-2019 において、インターナショナル部門 9 作品のうち 日本から唯一選ばれた企画であり、香港国際映画祭、昨年の東京国際映画祭 など多くの国際映画祭でも映画化の期待と注目を浴びていました。企画から 5 年の月日を経て、来る 10 月 23 日に開幕を迎える東京国際映画祭のコンペテ ィション部門公式出品作品として念願のワールドプレミアを迎えます。


江戸時代、無宿人と呼ばれる戸籍を剥奪された人々が内地から佐渡島に連れて こられ、金山で過酷な労働を強いられた結果、多くの方が命を落とすという出 来事がありました。佐渡島を訪れた富名監督は、この金山跡地の片隅にひっそり 佇む墓地、”無宿人の墓”の存在から本作の着想を得たといいます。


戸籍の無い人た ち”無国籍者"は、遠い過去の出来事ではなく、日本そして世界的にも増加し現在問題となっています。 「こ の社会に記録上存在していない、無宿人と無国籍者は、亡くなってもその存在は永遠に認められることがな いまま、その魂は“彷徨える魂”としてこの世を漂っている。忘れ去られないためにもこれをテーマに映画を 作りたかった。」と監督は話します。さらに続けて、「この映画の物語を支えるプロットとし、佐渡金山を象徴 する二つに割れた山、道遊の割戸と呼ばれる金山が大切な役割を担っている。じっと眺めていると、その割 れた裂け目はあの世とこの世を繋ぐ出入口に思えたことが映画の強いインスピレーションになった。」と作品 に対する強い思いを述べています。


佐渡島の金山跡地を舞台に、不思議な世界観に満ちた本作の主演を務める小松菜奈と松田龍平に加え、 豪華で異色の顔ぶれのキャスト陣が揃いました。記憶を失った女(小松菜奈)を助ける金山跡地の掃除 婦キイ役に日本映画界で唯一無二の存在感を放つ大竹しのぶ、ジェンダーに悩む高校生の透役に歌舞伎 界ホープの片岡千之助、謎のバスガイドのムラサキ役に映画・ドラマ・舞台と多岐にわたって表現の幅 を広げている石橋静河、あの世とこの世の狭間の番人をする館長役に舞踊家・俳優として幅広く活躍す る田中泯、透の母親役に、エッセイ本などの執筆や海外作家の絵本などの翻訳を手掛ける内田也哉子、 爛れた男に国内外でジャンルを横断した活動が目立つダンサー・演出家の森山開次、そして能楽師役に 重要無形文化財保持シテ方宝生流能楽師の辰巳満次郎。実に様々な分野から珠玉の表現者たちが集結し、 観客を神秘の世界へと導きます。そして劇中音楽は、日本を代表するバンド RADWIMPS のフロントマンと して活躍する野田洋次郎が手掛けています。是非、ご注目ください。



Коментарі


Функцію коментування вимкнено.
bottom of page