【2021年9月18日】オペラ『Only the Sound Remains-余韻-』ヴェネチアビエンナーレ公演

現代を代表する作曲家であるカイヤ・サーリアホが、能を題材に書き上げた4作目となるオペラ作品。2016年世界初演、欧米で大きな成功を収めた作品を、新進気鋭の演出家アレクシ・バリエール、森山開次らを起用し、2021年6月東京文化会館にて上演した新制作版が、カイヤ・サーリアホの永年功績を讃えた本年度金獅子賞授与を記念し、ヴェネツィア・ビエンナーレにてヨーロッパプレミアが実現。


〈国際共同制作〉

オペラ『Only the Sound Remains -余韻-』 2021年9月18日(土)19:00開演 会場 マリブラン劇場 Theatro Malibran

主催:ヴェネチア・ビエンナーレ

共同制作:東京文化会館、カタロニア音楽堂

第1部: Always Strong 能「経正」 第2部: Feather Mantle 能「羽衣」 作曲 カイヤ・サーリアホ 演出・美術・衣裳 アレクシ・バリエール 振付 森山開次

美術・照明・衣裳 エティエンヌ・エクスブライア

指揮 クレマン・マオ・タカス ダンス:森山開次 カウンターテナー:ミカル・スラヴェッキ バス・バリトン:ブライアン・マリー ヴァイオリン:Marco Thèves violin, Léo Marillier ヴィオラ:原裕子 チェロ:Dima Tsypkin カンテレ:エイヤ・カンカーンランタ フルート:カミラ・ホイテンガ 打楽器:神戸光徳 コーラス:Theatre of Voices Else Torp soprano, Iris Oja mezzo-soprano, Paul Bentley-Angell tenor, Jakob Bloch Jespersen bass 第1部: Always Strong 経正:ミカル・スラヴェッキ(カウンターテナー) 行慶:ブライアン・マリー(バス・バリトン) ダンス:森山開次 第2部: Feather Mantle 天女:ミカル・スラヴェッキ(カウンターテナー) 白龍:ブライアン・マリー(バス・バリトン) ダンス:森山開次 Kaija Saariaho (1952), Only the Sound Remains - opera in two parts (2016, 100’) European premiere of the new production

Texts: “Tsunemasa” and “Hagoromo” (Nō Japanese classical theatre) rewritten by Ezra Pound

Soloists: Michał Sławecki contertenor, Bryan Murray baritone, Kaiji Moriyama dance

Theatre of Voices: Else Torp soprano, Iris Oja mezzo-soprano, Paul Bentley-Angell tenor, Jakob Bloch Jespersen bass

Instrumentalists: Marco Thèves violin, Léo Marillier violin, Yuko Hara viola, Dima Tsypkin cello, Eija Kankaanranta kantele, Camilla Hoitenga flute, Mitsunori Kambe percussion

Conductor: Clement Mao-Takacs

Direction, stage, costume and video design: Aleksi Barrière

Set, costumes, lighting design: Étienne Exbrayat

Choreography: Kaiji Moriyama

Sound design: Christophe Lebreton

Sound engineer: Timo Kurkikangas

Sound engineer assistant: David Poissonnier

Co-production: La Biennale di Venezia, Tokyo Bunka Kaikan, Palau de la Musica, Tampere Hall

In collaboration with: Fondazione Teatro La Fenice

La Biennale di Venetia Official website 初演公式サイト https://www.t-bunka.jp/stage/9159/