【2020年9月15-17日】「世の終わりのための四重奏曲」〜森山開次 メシアンを舞う〜

「世の終わりのための四重奏曲」〜森山開次、メシアンを舞う〜 森山開次(ダンス)

須関裕子(ピアノ)、未定(ヴァイオリン)、未定(チェロ)、亀井良信(クラリネット) 2020年9月15日(火)16日(水)17日(木)いずれも19:00~ 主催・会場:ムジカーザ 〒151-0066 東京都渋谷区西原3-33-1  公式サイト https://www.musicasa.co.jp/

チケット(入場整理番号付き自由席): 9月15日16日 一般6,000円 9月17日のみ <パーティ付/終演後>一般9,000円 <コンサートのみ>一般6,000円 *学生各半額 ※9月17日終演後パーティーへの森山開次の参加は当日まで未定となります。 あらかじめご了承ください。

チケット発売:2020年2月1日(土)10:00~ 取扱い:ムジカーザ TEL: 03-5454-0054 受付時間: 10:00〜18:00(月休)または公式サイトにて  ムジカーザ会員について https://www.musicasa.co.jp/members/index.html

お問合せ;ムジカーザ Tel.03-5454-0054  Fax.03-5454-0053 受付時間: 10:00〜18:00 休館日:月曜 (祝日営業、翌平日休) 夏期・年末年始

メシアンが第二次世界大戦でドイツ軍の捕虜となり収容所に入れられていたときに作曲された この曲は、「ヨハネの 黙示録」第10章から啓示を受け、厳しい環境の中での偶然の出会いがあって ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、クラリネットという特殊な編成となって生まれました。敬虔なクリスチャンであったメシアンがイエスの永遠性と不滅性を賛美したこの名曲を、ムジカーザさん25周年の 記念イヤーに踊らせていただきます。

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
mail

森山開次 Kaiji Moriyama © Office Lou all rights reserved.